魅力溢れる二条城Attractive Nijo Castle

二条城とは京都にあるお城で日本の世界遺産にも登録されています。特に修学旅行で立ち寄るスポットとなっていますので、修学旅行で行かれた方も多いのではないでしょうか?

そんな二条城ですが他のお城に比べて高さが無いのが特徴です。全体的に低い建物になっていますが、その分見た目が華やかで、その作りに圧倒される人が多いのが特徴です。

二条城とは京都市中京区にある城郭建築で慶長6年(1601)年から翌年の間に徳川家康の宿舎として作られています。

なんと残念なことに、本丸の天守は寛延3 (1750) 年の雷火でそして本丸御殿などは天明の大火 (88) で焼失しております。

二条城の最大の魅力は何といってもその美しい景観です。

特に入口の門は美しいの一言です。

しかし、熊本城等のいかにもお城と言った作りが好きな人にとっては物足りないかもしれません。

二条城へ行った人の口コミ

・見事な庭園でした。

・修学旅行の時は気づかなかったのですが、大人になってくるとその建物のかんろくに驚かされます。以外に広く1時間くらいは時間を使うので、ある程度時間に余裕を作ってきた方が良いです。

・人気スポットという事もあり行列は必須です。入場までの時間が意外にかかりますが中に入ると意外にスムーズに進みます。

・川岸から、桂川にかかる渡月橋を眺めるのがお勧め、とても風情があり美しい景観です。

・料金がちょっと高いかも!1600円はちょっと・・・家族で来たら意外に財布に打撃を食らいます。どちらかと言うと興味のある人だけ来た方がいいかもしれません。

・サクラの季節は特に綺麗

・外国人観光客が多く、聞こえてくる言葉の多くが日本語ではない、なのでここは本当に京都なの?っと本気で思ってしまうのが残念です。

・襖絵と天井は特に必見!

・紅葉が素晴らしい!ライトアップが綺麗でプロジェクトマッピングも見もの!

など等、二条城に訪れた多くの方がその景観に満足されています。確かにお城っぽくはないのですが、京ならではの繊細で、美しい日本の美を堪能できますのでもし日本の美に触れたい方は二条城へお立ち寄りください。

外国人観光客が多いのは頭に入れておいた方が得策です。なにも考えず行くと飛び交う外国語に下手すると「イライラ」してしまいますが、観光地とはその様なものと寛大な心でみる事をお勧めします。

寛大な心で、その優雅な景観をお楽しみ下さい。